寝ても疲れが取れない・・・

睡眠不測?慢性疲労?

自己紹介

こんにちは。このサイトを制作・管理人をしている菅原といいます。

僕は兵庫県出身、埼玉在住のアラサー会社員です。会社は小さなメーカーで、人手不足の影響で繁忙期は終電が当たり前という感じです。

職場の人との人間関係や給与の面では不満は無いのですがこの激務だけは何とかしてほしいところです。

さて、それで本題なのですが、僕は以前までいくら寝ても寝ても体の疲れが取れないという状況に陥っていました。

かなり大変な職場なので単純に疲れが溜まっているというのもあったと思いますが、それにしたって僕の場合は疲れがサッパリ取れず問題は深刻でした。

繁忙期の僕の生活は24:30に帰宅してすぐお風呂に入って01:00に就寝→07:00起床というものです。(晩御飯は会社で軽く済ませる程度)

いくら仕事が忙しいからといっても平日6時間は睡眠時間を確保していたのですから、それで疲れが全く取れないというのは何か原因があると思わざるを得ませんでした。

(もっと凄い人だと3、4時間睡眠とかもありますからねぇ)

休日は昼過ぎまで寝ていたのに起きたら何となく疲労感が残っていて、何もやる気が出ずダラダラ。気付いたらサザエさんの時間になっていたというケースがしょっちゅうありました。

単純に睡眠時間が足りないのであれば体の疲労が取れないのも当たり前なのでまだ分かります。

でも、僕は体に気を遣ってちゃんと寝ていたにも関わらず、何となく疲れが取れない状況が何年にも渡って続きました。

それで仕事で役職が上がったのをキッカケに、「しっかりしなければ!」と思い、自分の疲労と向き合いはじめたわけです。

このサイトではそんな僕が自分の寝ても取れない疲れをどう克服して解消したのかを書いていきます。

今みたいな世の中だと多分、僕と同じ問題を抱えている人は沢山いると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

公開日:
最終更新日:2017/06/20